EYEWEAR MEBIUS Co., Ltd. | SHIBUYA & KUMAMOTO

filton

filton フィルトン

『 Collage 』(コラージュ)
眼鏡職人×美術技法

通常の眼鏡製造によって生み出されるアイウェアではない。ありとあらゆる性質とロジックの異なる素材(アセテート、縫い針、ボタン、チタン、ジッパーなど)を組み合わせることで、表現される芸術的な創作技法や様々な美術技法を取り入れたアイウェアブランド。フィルトンアイウェアとしての統一性は、漸進的な並置を通して形成される。フィルトンアイウェアは、眼鏡と芸術作品の境界をなくしていく。


『Sensibilité et expression 』(感性と表現)
『幼き頃から現在に至るまでの遊びや仕事、様々な自身の体験や経験が、感性や表現につながっている。』

心臓病であるデザイナーは、学生時代に好きな運動部には所属できず、画家だった祖父の勧めで、美術部に所属することになった。それ以来、美術活動やファッションに没頭していたが、23歳である眼鏡職人に出会います。それが人生の転機となった。眼鏡を知れば知るほど面白く感じるも似た眼鏡を作るのには飽きていた。いつかは、デザインにだけではなく、作りに美術要素を取り入れた眼鏡を世に出したい。と思っていた。そして、眼鏡職人やメーカーを経験、2014年、自身のアイウェアブランド『le bouton』の作品をパリで売り歩いた。新たに、2021年12月にFilton フィルトンアイウェアを発表。デザイナーの感性や想いが表現された作品へ。


『 Club artistique 』(美術部)
【快い】がメインテーマのアート活動グループ

アート活動を行う元美術部で2021年に設立した『 Club artistique 』部活動を大人になった自分たちが、『面白い』『楽しい』『気持ちよく』で活動し、学生時代を超える表現作品ができあがる。『 Club artistique 』が手がけるClub artistique Filtonの特別仕様も同時発表。


取扱店 Re: Riverport eyewear(熊本)