EYEWEAR MEBIUS | SHIBUYA

Kame ManNen

Kame ManNen カメマンネン

1917年創業のメガネブランド「kamemannen(カメマンネン)」は、眼鏡職人、木村菊次郎によって戦後誕生しました。 当時のフレームは耐久性に乏しく、菊次郎は「末永く愛用できる丈夫なフレームを作りたい」という強い思いで、技術開発を重ね耐久性のあるフレームを作り上げました。彼は思いを込めて「鶴は千年 亀は万年」から「カメマンネン」と名付けました。カメマンネンのメガネは流行に流されるものではなく、「末永く愛用できる」クラシカルな気品あるデザインを志向しております。時代が変わり最新鋭の機械化された今もなお継承され、さらに進化しています。